MENU

頭皮のかゆみを抑える方法

頭皮のかゆみは煩わしいものですしストレスにも感じてしまうものです。そんな気になるかゆみを抑えるためにはまずシャンプーを替えてみるのがオススメです。
そもそもかゆくなってしまう原因のひとつが乾燥ですが、脱脂力が強いシャンプーを使っている場合ですとそれが原因で潤い不足になっていることがあります。

 

自分自身も頭皮の汚れをすっきりと落としたくて洗浄力が高いものを使っていたことがありますが、皮脂を落とし過ぎているせいかかゆくなってしまうことがありました。
しかしながら保湿効果のあるシャンプーに替えてからというもの、とても頭皮の状態が良くなりかゆくなってしまうこともほとんどなくなったのです。頭皮にはある程度の皮脂も必要不可欠と言いますから、いつも使っているシャンプーは適切なのか見直してみると良いでしょう。

 

併せて注意したいことがありますがそれは洗い方です。

 

何気なく行っているそのやり方がもしかしたら良くないかもしれません。
注意した方が良いと言えるのがしつこく洗ってしまうことです。例えば時間をかけて洗ったり脱脂力の強いシャンプーで二度洗いをするなど、こうした洗い方も良くありません。

 

頭皮に優しく洗うためには汚れが落ちたと判断できたら速やかに洗い終えることも大切だと思いますし、無用に二度洗いをしたりすると負担になります。人それぞれベストな洗い方は違うとも言えるますので、頭皮の様子を観察しながらちょうど良い洗い方を見つけるようにしましょう。

 

 

シャンプー選びも気をつけよう

頭皮のかゆみの原因は様々で、一概にこれがベストであると言えるシャンプーを見つけるのは大変です。
まずは頭がかゆい原因を突き止め、それに見合ったシャンプーを見つける事が大事です。

 

まずは乾燥肌である場合ですが、乾燥肌の特徴として洗髪後の皮脂の分泌が少ない事が挙げられます。
これにより乾燥後の頭皮の保湿性が不足し、あかぎれのような状態になりやすく、かゆみを発生する原因となります。
次にシャンプーそのものが合ってない場合、例えばアルコール系や石鹸系と言ったシャンプーは洗浄力が強く、必要以上に皮脂を落としている可能性が考えられます。
また、肌を含め頭皮は弱酸性であるために石鹸等のアルカリ性とは相性が悪い場合もあるため注意が必要です。
それからシャンプーをよく洗い落とせてない事や、リンスを頭皮にもつけている事もかゆみの原因となります。
前者は当然の事として、リンスは比較的ありがちな間違った使い方であり、基本的にリンスは髪に使用するものです。
リンスが頭皮に付いたままにしてしまうと、リンスの化学物質に反応した頭皮が余分に皮脂を分泌してしまい、結果その余分な皮脂により増殖した雑菌がかゆみやフケの原因となります。

 

このように、様々が原因によりかゆみは起こってしまいます。
そのほとんどは改善する事が可能ですが、シャンプーそのものでかゆみに効く条件は限られており、まずはアミノ酸系等の低刺激な物を選ぶ事、添加物が必要以上に入っていない事、乾燥肌に適した成分が入っている事、雑菌の増殖を抑える成分が入っている事等が挙げられます。
シャンプーを選ぶ際は以上の事を考慮し、自身に最適な物を見つける事を心掛けましょう。